カルシウムの嬉しい効能とは?腰の痛みに対する効果を徹底調査TOP > カルシウムの必要量とは?副作用やアレルギーの危険性とは?

カルシウムの必要量とは?副作用やアレルギーの危険性とは?

カルシウムの必要量ってどれくらいなんでしょうか?カルシウムで副作用が現れたりするような危険性ってあるんでしょうか?カルシウムの適切な摂取量、アレルギー、副作用について詳しく解説します。

カルシウムの必要量は?

カルシウムは筋肉収縮やホルモン分泌、細胞分裂など、健康を保つ上で大きな役割を担っている栄養素です。

でも、健康を維持するのに必要なカルシウムの摂取量ってどれくらいなんでしょう?

カルシウムの必要量は、年齢や性別によっても違ってきますが、30代~40代の男性・女性なら1日の必要量はおよお600mg程度で、上限量は2300mgです。

毎日できるだけ必要量を摂取するように気をつければ、アレルギー疾患にも効果が期待できるそうです。

ただ上限量を超えるカルシウムを長期間摂取すると副作用の危険性も・・。

カルシウムの摂り過ぎは禁物です。

カルシウムとアレルギー

カルシウムは毎日必要量を摂取すれば健康に役立ちますが、必要量を摂取できず、常にカルシウム不足が続いている状態だと、アレルギーの原因に・・。

カルシウムとアレルギーには一体どんな関係があるんでしょうか?

カルシウムの出している電流による信号が、情報を細胞から細胞へと伝える役割を果たしていて、免疫細胞もその情報を受けて機能していますが、必要量が不足した状態だと、この情報がうまく伝わらず、免疫細胞が過剰反応を起こしアレルギーを招いてしまいます。

したがってアレルギーの予防&改善には、必要摂取量のカルシウムをきっちり補うことが大事なんです。

但し、過剰摂取は副作用を引き起こしてしまうので、注意しましょう。

カルシウムって副作用はある?

カルシウムは必要量を摂取することが大事ですが、副作用ってあるんでしょうか?

カルシウムは必要量が摂取できず不足状態だと、様々な弊害をもたらしてしまいます。

でも必要以上の摂取量でカルシウムを補っていると、それもまた弊害を招いてしまうんです。

カルシウムの副作用としては、ミネラルの吸収の低下やイライラ、さらに腎臓結石などを招いてしまうことも・・。

必要量を守って毎日摂取することが、健康維持には重要なんです。